20190122

物語のはじまり




夫氏作品撮影してきました~!@帯広市民ギャラリー(道展)
作品、壁付けで展示されていてぐるりと見れないのが残念。けど、こういった展覧会の場合は安全面なんかの配慮で仕方ないのでしょうけど、かなりフラストレーションがたまるな笑 広い空間で見たいよねーと思いながら撮影。
しかし制作は、狭い制作空間(4畳半)でこつこつやってました。サイズは立たせると2mくらいだそうです。
写真を撮りながら珍しく笑 じっくり見る。「ひとのかたち」が横たわっている。けど「ひとのかたち」がそこにある、というのだけじゃない感覚。そこに見えないはずの風景がにじんでくる笑 古代の風景だったりポンペイの景色のようでもあったりそれでいて何か、光のたっぷりある新しい景色のようなもの。
と、ご紹介しておきながら、展示は今日まででした!すいません^^;けれど、今年、10年ぶりに二人展をやろうと計画しておりますので、その時にはぜひ。


「物語のはじまり」2018 村中 鉄也

Diary

講師の仕事始め。木炭デッサンの続きなどからじわじわとな授業。それぞれ集中してしーんとなる静かでホットな空気感がいつも好きだな。作業が終わって片づけ時間の緊張がゆるんで和やかになる感じもいいね。午後は色鉛筆教室もいつもどおりスタート。合間に息子らの送迎でいったりきたりを繰り返しながらも満月を眺め堪能し、テキパキ系で家事雑用もこなせた。(まだ月曜だし元気笑)
それで、なんとか夜しっかり制作時間を確保できた。
先週末からの鉛筆画の続き。
試したかったことのひとつを始めた。しかし、しばらく粘らないと。納得のいくものにするにはなるべく(というか必ず)作業を中断しないで連日続けないとだめなんだよね。なんとか生活のあれこれを工夫して作業時間を捻出してがんばるのだ。
明日の弁当の準備もまぁまぁできたし、もうひとがんばりしたら寝るかな~。







20190120

今年のハクヨ~新年会のパンフ表紙~







今年のハクヨ~新年会のパンフ表紙~
鉄也氏(だんな)作!笑
まさかの素敵イラスト笑
完成直後「ど~よ!」と見せられ
思わず『どんだけ偽善者よ?』
と。まるで善人が描いた絵じゃないですか笑
自分の個性グイグイ出した作品むりくり
出せばよかったじゃーんと言ってみたんですけど
あくまで偽善者ってことでw
それぞれキャラ設定をしたうえで描いたそうな。
ちなみに手前の金髪くんは外国の子ではなく
ヤンキーです笑 いえ~い

Diary

本日の制作終わり。
うひゃーな時間だな。
今日はそもそも制作を始める時間が遅かった。
夫氏の彫刻の展示を見にお昼から出かける。その後実家へ。母の犬ぞり話がおもろかった。樺太にいた小学生のころ、冬は犬ぞりで登校したと。学校についたら犬ぞり&犬たちは授業が終わるまでおとなしーく待っていて帰りも犬ぞり。からふと犬。鈴を首に着けたたくましいわんこと小学生が乗るそり。吹雪のなか鈴の音が鳴る景色とか、家に戻りこどもらとわんこがくつろぐ姿とか。想像がとまらん笑
こまごまとした家の事なんかもしていたら、ようやく体が空いたのがもうほぼ寝る時間。しかし、制作開始。昨日からの引き続き。鉛筆。描いてはぶっ壊しを繰りかえし、よおやく夜中につかみがきたので、しばらく続ける。
今年はスケジュールが相当厳しい感じになりそうなのだが展覧会もハードなやつが(去年より)がっつり。制作は早い段階で勝負どころを持ってこなければ間に合わない。いつも以上に日常的に制作をどしどしぶちこんでいく感じになるべなー。





20190119

Diary03

ひさしぶりにTHIS IS ホッケ!と世に対し宣言してまわりたくなるほどの、堂々たるブツを食した。広尾からやってきたでっかいホッケ(はこうでなけりゃね)と今日は豚汁(とんじるではない。道産子はぶたじるだ)での堂々たる夕飯である。ちなみにぶたじるの材料は冷蔵庫に入っていたもので多くを賄い、それ以外どうしてもないとあかん!というごぼうなどは、ムスコを車で迎えに行く合間の10分間、途中にあるスーパーで俊足で購入。この身のこなしが無ければ主婦は務まらない。路面がつるつるであっても、だ。しかもその10分間で、スーパーに入っている「ま~つだ」(と、実家の父母は発音していた。格安掘り出し物のある雑貨屋さん、「マツダ」を、フランス語っぽく。馬鹿にしているわけではない。その店がとてもとても好きだから特別感を出す笑 )でヤッケの柄と股引の最近ぶりを鑑賞し、一枚25円のふきんを12枚購入するという早業周到ぶりである。ふきんは安いに限ります。たくさん使うから。
あれ、何の話してたっけ?
近況でした。
昨日は富士展を受川ギャラリーにて。とはいえ、本当にもうしわけないのだけれど、7時、店が閉まるぎりぎりにむりやり突入し、消えていた電気をつけて鑑賞笑 デッサン教室で描いてた息子らを迎えに行きそのまま駆け足で拝見。塩田さんの作品に見入る息子ら。「これ、3Dプリンターかな?」と双子。わたしもこれ欲しい笑 
塩田さん、でかホッケと作品ならべてすいません。
きっと笑って許してくださいます・・・よね・・・・^^;




Diary02




昼過ぎフロモへ、、お買い上げくださった作品のお渡し。バナナスムージーを飲みながら、お話しているうちに、去年の大停電の夜の「一生に一度の星空」の話になる。あの無数のたくさんの星だらけの空。空が星で埋まっていた。天の川が信じられないほどに光り輝いていた夜。停電は特に後半しんどかったけど、あの日は本当に音が無くて、五感に染みわたる静けさだった。とても身体が楽で楽で解放された。そして、すごく絵が描けた。帰り道、今日お渡した絵が、その時描いたものだと後で思い出した。

Diary01

今日はいい予感通り作業進む。たまりにたまった事務的な用事やらがようやく片付いてきたから、そろそろ制作に集中できそうだなと。で、鉛筆素描、去年からの続き。かなり時間をかけることができた。思う存分に集中できてたっぷり描けたのはひさしぶりで、もう眠くて仕方がないし、首も肩も凝りまくりだけど、やっぱり幸せだ。絵を描くことは現実を思い切り飛び越えていけて、エキセントリックで面白い。




20190118

Diary

ここ数日、次の作業に入る前の片づけ掃除。整理してだいたいだけどスッキリかなー。
そして、新しい紙が何種か手に入ったので、試す。なかなか良い。



20190114

立体の制作も開始。

新しい作品のひと針は気分良く始まる。
さぁ、やるぞ~!



20190111

音楽素描 M-Draw #282 太陽の城




太陽に建つひとつの城
光を隠している
城壁から滲みてしまう光
もれてしまう秘密
壁のすき間から垂れていく
飴みたいに
秘密の飴
舐めたっていいじゃない


Rumko Hosoki
音楽素描 M-Draw #282 太陽の城




https://www.youtube.com/watch?v=OjecIllOEio&fbclid=IwAR313W6Nm9Wt2rQoSIACJtto0ANI9gizVRDe78qYd1gCYHxp1S-2t_RkVls