20170927

描く手がそれを見ている




描く手がそれを見ている
手は見える
手は見る
手は見ている
手にも目はある
目がない手にも見える
目がない手が見たように描ける
触角の先に目がついているのとも違い
触覚は視覚と連動しているようで
手は見ているわけではない
見ていない手が
見ることのできるものを生みだす
視覚的なものを目をつむったまま描いているようだ
「それ」を「描けている」
わかる感覚
まるで視覚が後追いしているように認証する
後追いしながら予感をもたらす視覚
目に映るものを
意味のラインにつなげない
つながらない
そういう映写の図が
ある

その図はその層は
意味と繋がる視覚の
何倍も何億倍も
意味が踊る場所だ
その層地層には
さまざまな記憶が遺跡のように
でもその遺跡は
生きている層なのだ


一体
感覚とは
絵を描く感覚とはいったい
どういうものなのだろうか?
わたしは
それを知っている
おそらく
私が絵を描くときの
その方法は
わたしなりの方法だ
わたしなりの感覚の場所がある

しかしそれを十全にことばに
にすることはできない