20171020

急ぎ足










足を止める暇なんてない
だって時間がない
どんどん冷える体
たくさんの色の洪水が
眼の被膜を刺激する
冬に入る前の狂乱だ
その刺激を通過して走る
眼の縁を引っ張るのはだれだ
走る進行方向とは逆に
黄色く発光する円盤状の
溢れる光の
ひらひらの
駆けよって数分
その円盤の中で
黄色の永遠で
からだを温めた